フィルム界の八方美人『FUJI C200』

今回は富士フィルムのカラーネガフィルムC200です。35mmのみ販売されています。海外から逆輸入されているので、箱の表示は英語になります。特に問題はありませんね。
まとめ買いすることが多く、我が家にあるフィルムでは一番ストックが多いです。

 

使い勝手 NO.1

フィルムの発色よりも先に目がいくのが、安さですね。400〜500円ほどで購入出来ます。現在購入出来るフィルムの中ではかなり安価です。安いフィルムというのは発色がいまいちだったり、ザラ付きが酷くて色が潰れがちですが、さすが日本のメーカーですね。
発色が良くてザラ付きも少ない、撮影場所も選ばない、バランスの良い優秀なフィルムです。フィルム独特の柔らかさもあるので、安さに関係なく僕はよく使っています。

 

フィルム界の八方美人

フィルムカメラを長く続けている方は分かると思いますが、いつしかカメラコレクターみたいになります(笑)。デジタルと違い、フィルムはカメラによって描写がガラリと変わるので、ついつい購入してしまうんですね。

それぞれのカメラには相性の良いフィルムというのがあります。トイカメラやLOMO LC-Aなら、ノスタルジックに写るフィルムが良くて、しっかり撮れるカメラだとその逆のフィルムが合うなど。
その点、FUJI C200はバランスが良いので、どんなカメラにでも合います。個性的ではないということかもしれませんが、撮影に行く時とりあえず鞄に入れておけば役に立ちますね。
誰からも悪く思われないように、どこにでも良い顔をする八方美人なフィルムです。

僕は他にも好きなフィルムはたくさんあるのですが、価格も考慮するとC200が一番かもしれませんね。
いや、それは言い過ぎか。。とりあえず、間違えのないフィルムです。

C200は赤〜黄色カブリすることが多いのですが、適正よりも少し暗めに撮るほどノスタルジックな雰囲気になりますね。

とにかくフィルムらしい雰囲気で撮れるので、デジタルとの違いも感じて頂けますよ。

 

オススメ度 ★★★★☆
ふんわり ★★☆☆☆
鮮やか ★★★☆☆
ノスタルジー ★★★☆☆
ドリーミー ★☆☆☆☆
キレイ ★★★☆☆
面白さ ★★☆☆☆
価格 ★★★★☆

大阪と関東と中心に、フィルムの個性で撮るワークショップを開催しています。