【現像の種類】クロスプロセス現像とは? 多重露光に欠かせない理由と相性の良いフィルム

フィルムにはモノクロとネガとリバーサルがあります。
現像も同じく、モノクロ現像・ネガ現像・リバーサル現像があります。

現像処理にてフィルムを薬品により化学反応させて、画像を出現させます。

 

それにもう一つ。特殊な現像があるのですが、それがクロスプロセス現像です。
この現像をすることで、現実離れした発色をします。

単純にフィルムで撮るのが面白くなるだけでなく、作品創りの幅がぐんと広がります。

 

クロスプロセス現像のメカニズム

クロスプロセス現像を簡単に説明すると、現像の行程をクロスさせることです。

通常はネガフィルムで撮るネガ現像リバーサルフィルムで撮るリバーサル現像を行いますが、

ネガフィルムで撮影リバーサル現像
リバーサルフィルムで撮影ネガ現像

という処理をします。
これはいわゆる誤現像になるのですが、面白い発色をすることで特にトイカメラユーザーなどには欠かせない現像方法です。

補足
一般的には①はあまり使われません。画像が暗くなって発色が極端に落ちるだけで、面白みがあまりありませんし、処理をしてくれる現像所があまりありません。
②の処理が主になります。こちらは色が化けてド派手になります。
こちらが現像後のフィルムになります。フィルムの種類(ブランド)によって少し色味も変わりますが、通常のネガとも少し色味が変わりますね。

 

多重露光との相性が抜群

僕は多重露光で作品創りをしていますが、これにクロスプロセスは欠かせません。
コントラストや色彩の向上は多重露光にも打って付けなんです。

多重露光は明暗差を作るのがコツなのですが、詳しくは以下のリンクも合わせてご覧下さい。

 

多重露光もクロスプロセスも、本来の写真撮影という概念を考えると

「なんてことしてくれるねん!」

ですが、2つのメカニズムを理解して実践していくことで、明暗差や光まで意識するようになります。
考えて撮りますからね、レベルアップに繋がります。

 

相性の良いフィルムは?

これまでに使用したフィルムで最も相性が良かったのは、コダックのリバーサルフィルムですが、残念ながら生産終了しました(2018年に再販予定)。

その他のフィルムは緑に転ぶことが多いのですが、コダックは青が強く出ることが多かったんですよね(撮影条件にもよります)。

 

今も生産されてるフィルムだとどれがいいの?

TOPの薔薇写真を撮った「FUJI Velvia50」が鮮やになりますが、上記のハナミズキを撮影した「FUJI PROVIA100F」が最もオススメですね。

Velvia50はコントラストが強過ぎて色が潰れて失敗することも多いですが、PROVIA100Fは適度なコントラストと色彩アップで失敗も少ないです。ぜひ一度使ってその世界を体感してみて下さいね。

 

名古屋ワークショップでは現像の詳しいメカニズムや、フィルム別の発色などを紹介します。
生産終了したコダックのフィルムなども持参します(フィルムはストックがもうないので今回でラストになりそう)。