安価なフィルムの中では女性向けNO.1「Lomography Color Negative 400」

感度400のフィルムの中では比較的安価。だけど発色も雰囲気も抜群なネガフィルムです。

雰囲気は全然違うけど、系統でいえば「FUJI PRO400H」に似ていますね。フィルムは基本的に赤や黄色かぶりをするので、ノスタルジック傾向にありますが、両者は青や緑色になります。

「FUJI PRO400H」は低彩度。シャープで硬さもあって、パステル調。
「Lomography Color Negative 400 」は少しザラつきも強く、鮮やかで柔らかい。

どちらも出来上がりは違うのですが、ふんわりとした写真が好きな方にはおすすめです。

 

ふわっと明るい春におすすめしたいフィルム

ゆるふわ系に撮ることで、個性が強調されます。なので、やっぱり春に使いたくなるフィルムですね。
感度は400ですが、僕は一段階明るく撮影することが多いです。露出がオートのカメラなら、感度設定を200にしたり、露出補正で+1で撮ります。

鮮やかさもありますね。感度が400なので、明るい室内や日が暮れた時間でも手持ちで撮れます。

このサイズだと気にはなりませんが、ザラ付きはやや強め。

ちなみに花との相性はいいけど、レトロやディープな場所なら別のフィルムがいいですね。

たとえば、ロモの感度100のネガのような、赤黄色かぶりをするフィルムや、着色されたエフェクトフィルム「dubblefilm APOLO(MOONSTRUCK EDITION)」が相性良いです。

 

カメラとの相性だとトイカメラよりも一眼がオススメ

個人的に何度か使った感想ですが、ふわっと撮りたいフィルムなんですよね。だからトイカメラやLOMO LC-Aのように、周辺光量落ちするカメラとの相性はいまいち。

ダメというのではなくて、利点のふわっと感が薄れるんですよね。

なので、しっかり撮れる一眼がいいですね。

中でも、とろける系のボケをするカメラ(レンズ)がオススメ。僕がこれまでに使った中では「Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4」や、「MINOLTA AF 85mm F1.4」が良かったです。

 

オススメポイントは安さ

最近はフィルムがどんどん値上げされていて、フジなんて間も無く(2019年の6月に)30%も値上げ。初心者の方は少し手が出せない価格になりました。

僕はあまり値段を気にせず、撮りたい雰囲気重視でフィルムを選びますが、そこはもう僕の頭が少しおかしくなってるだけで(笑)、デジタルもやっている方からすると、フィルム選びは価格が一番のポイントになるかもしれません。

それを考えると、「Lomography Color Negative 400 」は3本セットで1,800円ほど。1本で考えると600円。
ネガフィルムでも当たり前のように1,000円を超える昨今。600円は安いですよね。

ただ、安いには理由があって、品質は良くはありません。単純な評価として、ザラつきはフジの同感度のものと比べると、かなり強め。
ま、ネットに掲載するサイズだとあまり分からないし、「それもフィルムらしさだ!」と捉えれたらいいですけどね。

 

オススメ度 ★★★★☆
ふんわり ★★★★★
鮮やか ★★★☆☆
ノスタルジー ★☆☆☆☆
ドリーミー ★★★☆☆
キレイ ★★☆☆☆
面白さ ★★★☆☆
価格 ★★★★★