フィルムは決して滅びない『FND IRO(色)』

独特のパッケージでインパクトもありますね。HILLVALE SUNNY 16の青もなかなかインパクトありましたらが、それ以上です。

そしてブランド名のFNDとは、Film Never Dieの略です。フィルムは決して滅びない!
いいですねー。グッと心を掴まれます。

パッケージは歌舞伎に色って漢字。日本ブランドと思いきや、HILLVALEと同じくオーストラリアにあるブランド。
フィルムが盛んな国なんですかね。

富士はチェキには力を入れているけど、「その他のフィルムについては少しずつ生産終了していくでー!」というスタンスですからね。

日本ももっとアナログに力が入らないかなぁ。フィルムを広めようって方は少ないです。

でも、オーストラリアのように盛んな国さえあれば、まさしくFilm Never Dieですよね。



 

黄色かぶりのノスタルジー

昔、ソラリスというトイカメラ好きに人気のフィルムがありました。黄色カブリや発色、雰囲気はそれに少し似ているなーという感じ。
でも、そこまではノスタルジーでもないなーと。

どないやねーん!と突っ込まれそうですが、特に大きな特徴や面白さはなく、といった感じでした。

面白さがある必要はないんですが、最近はエフェクト系のフィルムを試すことが多いから、それと比べるとねって感じ。

期限は未掲載で、DXコードも付いていません。ザラ付きは感度200にしてはやや強めですね。
僕のナチュラルに光漏れするLC-Aで撮るといい感じでした(笑)。

ジャケ買いはありですね(笑)。フィルム名もブランド名もステキ。僕も箱だけ捨てれずに置いています。

 

フォトスタジオ ヨシオカさんから購入可能です。オーストラリアの本社でも販売していますね。

パッケージは星5つだけど、突飛した特徴がないので後は他のフィルムには負けてしまいます。
その分、使い勝手は悪くはありませんけどね。

 

オススメ度 ★★☆☆☆
ふんわり ★★☆☆☆
鮮やか ★★☆☆☆
ノスタルジー ★★★☆☆
ドリーミー ☆☆☆☆☆
キレイ ★★☆☆☆
面白さ ★★☆☆☆
価格 ★★★☆☆