幸せのある方向 それはひた向き

何かに挑戦すると失敗することがあります。
誰だって悔しくて辛いです。
だけど、そこから学べることが確実にあります。

事実は事実として受け止めて、それをあらゆる方向から見ることで、受け取り方は違ってきます。

「失敗したけどよく頑張った」
「いい経験が出来た」
「成功に近付いた」

捉え方を変えてみましょう。

事実はもう過去の出来事

当然変えることは出来ません。でも、それをどう解釈するか、どう意味付けるかは人それぞれです。
一般的に不幸だとか、運が悪いって思われていることも、自分の中でプラスに意味付けることが大切です。

変わらない事実をどうにかしようと思ってもどうにもなりません。いいことも悪いこともあるのは当たり前です。だから嫌なことがあったら、次はいいことが起きる前ぶれと意味付けて、ワクワクすればいいんです。

頑張れば必ず報われるわけではありません。
でも報われている人は頑張ったからです。

後ろを振り返るのではなく、無理に前を向くのではなく、ただひた向きに。
それが幸せの方向です。