【連載コラム】これぞ大口径レンズの味「Nikon New NIKKOR 55mm F1.2」

オールドレンズの撮り比べコラム。今回はニコンのF1.2 大口径レンズをご紹介。
前回のF1.8でも充分高性能ですが、やっぱりこちらの方が味がありますね。

 

こちらは、フィルムカメラ「Nikon F」で撮影しました。およそ60年前に発売されたカメラなのですが、しっかりバッチリ撮れますね。ニコンすげーって思います。

こちらはミラーレス一眼での撮影。F1.2はボケ過ぎてピントは甘々です。でもそれをあえて活かしてふんわり撮るのもいいですね。
やっぱりオールドレンズは開放で味が出ますね。

デジタルのレンズはどうしても高性能で、味というものが無くなりつつあります。
しっかりとちゃんとピントカリカリで撮るのが苦手という方には、フィルムやミラーレス一眼+オールドレンズをオススメしたいです。

来年はそんなことも話せるようなワークショップを開催したいと思っています。

ということで、作例盛りだくさんなのでぜひコラムも見て下さいね。