撮影中の俺、イケテます!『BRONICA EC-TL』の採点

ブローニーフィルム使用の愛機、BRONICA EC-TLの紹介と採点です。随分前に父親の友人の母親に譲ってもらったのですが(ややこしいな)、数年間放置していました。ということもあって、まだ一年しか使っていませんが、今やすっかりお気に入りです。

【フィルムのサイズ】135と120について

2018.01.11

撮る前の第一印象は「重たっ!」です。2キロくらいあるので気合いがないと携帯出来ません。
次に「いや、これどうやって使うん!?」です。そしてもう、放置です。

いま思うと父親の友人の母親の旦那様の(ややこしいな)形見のカメラです。せっかく頂いたのに、なんてやつだ、です。

でも、いまや欠かすことのできない相棒。以下、採点結果になります。

 

満足度★★★★☆
描写 ★★★★★
画質 ★★★★★
価格 ★★★☆☆

操作性 ★☆☆☆☆
使い心地 ★★★★★
携帯性 ☆☆☆☆☆
デザイン ★★★★☆
ファインダー ★★★★★

 

これぞ中判カメラのボケ味

描写というのは単純に僕が好きかどうかです。画質は写りそのもの、とてもキレイです。デジタルほどパッキパキ感はないですが、それがまたGOODです。中判カメラのボケ味もたまりません。

価格は3〜5万円ほど。同じような形のハッセルブラッド (Hasselblad )は10万オーバーですからね。それに比べるとお手頃です。
携帯性は悪いですが無骨なボディーは格好良いですね。

 

撮る行為そのものを楽しめるカメラ

使い方は難しいですが、一枚撮って巻き送りをグルグル回す時は快感だし、ウエストレベルファインダーの(上から覗いて撮る)使い心地はいいです。撮っている俺、カッコイイって気にさせてくれます。まぁ、誰も見てないんですけどね(笑)。
シャッターの音はガシャコーンとうるさいけど、それもまたいいんですよね。マニアックな使用方法や重さも考えると男性向けですね。

 

最後になりましたが独断と偏見の採点です。「ハッセルが高くて買えないと!」いう方にも十分満足して頂けます。

ちなみに、一枚撮るのやフィルムの交換に時間もかかるので、真夏と真冬は辛いです。
あー、早く春来ないかな。花が撮りたいな。